湯乃湖荘 日光湯元 エメラルドグリーンの源泉宿

オンライン予約 instagram 湯乃湖荘 電話番号

湯元温泉の歴史

1230年絶えず湧き出すエメラルドの源泉

湯元温泉の歴史は古く、2018年で発見から1230年が経とうとしています。泉温は約78℃ エメラルドグリーンの源泉は空気に触れることで酸化して白濁色に変わります。中性から弱酸性、メタケイ酸を多量に含んだなめらかな肌触りが心地よい美肌の湯として女性の人気が高い温泉郷でもあります。湯元温泉の湯量は豊富で、毎分1788.5リットルの湧出量を誇ります。「湯乃湖荘」にもその源泉からの恵みが常に溢れています。温泉大国日本には、数えきれないほどの温泉がありますが、「日光湯元温泉」のそれは、成分濃度が4番目に濃いといわれています。自然に湧出しているものだけに、計測する環境によって成分濃度が前後します。全国トップクラスだと思っていただければ間違いはないということでしょう。

1230年絶えず湧き出すエメラルドの源泉 イメージ

因みに、湯元温泉には約200人が生活していますが、その誰からもニキビ・水虫などに悩まされている話は聞いた事がありません。さらにハイキングに出かける前日、温泉で軽く洗顔しておくと翌朝お肌はプルプル、メイクの乗りも良く日焼け防止にも役立ちます。また、筋肉痛も出にくかったとのご意見も多数ございます。元々この地域では、喘息の治療や軽減に湯気を利用しており、あらゆる意味で温泉の恵みをいただいていると言えるでしょう。その他効能として、糖尿病・神経痛・慢性婦人病・病後回復期などにも適しているといわれています。

効能

喘息の治療や軽減・糖尿病・神経痛・慢性婦人病・病後回復期など

内湯

男湯、女湯共に源泉から直接温泉を引いていますので温泉成分が濃く白濁の濃い温泉です。
源泉が熱いのでご自由にお水で薄めてご入浴下さい。

男湯 女湯
湯元温泉あんよの湯 イメージ-1 湯元温泉あんよの湯 イメージ-2

湯元温泉あんよの湯

宿 隣の足湯は誰でも無料でご利用できます。

温泉寺 イメージ-1 温泉寺 イメージ-2 温泉寺 イメージ-3

温 泉 寺

明治の神仏分離に際し、温泉神社そばの薬師堂に本尊薬師瑠璃光如来が祀られましたが、昭和47年に台風の被害に遭い、輪王寺の別院として現在の本堂に安置されました。湯ノ平湿原のすぐ北にあり、源泉からひいた温泉を一般の観光客でも楽しめる珍しいお寺です。

温泉神社 イメージ-1 温泉神社 イメージ-2 温泉神社 イメージ-3

温 泉 神 社

湯元温泉の発見と同時に創建されたともいわれる、奥日光最古の神社。

白濁の硫黄泉-1 白濁の硫黄泉-2 白濁の硫黄泉-3 白濁の硫黄泉-4 白濁の硫黄泉-5 白濁の硫黄泉-6
オンライン予約がお得です 宿泊プラン一覧はこちら